褐色脂肪細胞を活性化させる方法

褐色脂肪細胞を利用したダイエットがこの頃注目されていますが、褐色脂肪細胞の働きを増すにはどうするべきでしょう。基本的な考え方としては、何らかの形で寒さが増したように体に思わせることで、褐色脂肪細胞の体温調節機能を動かします。運動をする時に、冷たく凍らせたペットボトルを持つことで、褐色脂肪細胞の働きが高まります。

冷たいペットボトルを握ります。次に手は平泳ぎをするようなイメージで腕を回しながら、首を前後に動かしてみましょう。一通りの運動が終わったら、手は湯につけた温めます。全部で5セット行います。褐色脂肪細胞の働きを促進するために、シャワーの湯を30℃と40℃に替えつつ、首にかけるというやり方も存在します。大体30秒ずつ交互にかけます。首回りの褐色脂肪細胞の働きが活性化するよう、特にポイントを絞ってかけてもいいでしょう。

心臓が強くない人や、血管に問題がある人は、お湯の温度を急に変えると血圧に影響が出る恐れがあります。心臓が強くない人、血圧に問題があるという人、お年を召した人は専門医に尋ねてから実行するといいでしょう。冬場は冷たい水が負担になる場合もあるので水温を上げるなど無理をしないようにしましょう。温度の低いシャワーを浴びることと、体がもともと冷えていることは意味が違います。褐色脂肪細胞は冷え症なら活動するかといえば、そうではありません。ダイエットがしやすくなるよう、褐色脂肪細胞の働きを活用しましょう。

関連ページ